使い方

必要なもの

  • 乾燥した細かい砂や土砂

  • 五徳

  • 炭(室内用)

  • 火起こし鍋

  • 火箸

全てホームセンター等で簡単に手に入ります。

1

火鉢本体の底から1/3程度に、砂(土砂)を敷きつめる。※火鉢が熱くなり過ぎることを防ぐため。

2

火鉢本体の底から2/3程度まで、灰を入れる。
※砂(土砂)と同様に、火鉢が熱くなり過ぎることを防ぐため。

3

五徳をセットする。

炭と炎
火起こし鍋

4

火起こし鍋で炭に火を起こす。炭の1/3程度が赤くなるまで、中火~弱火にしたコンロで炙ります。5分程度で炭の端が白くなり始め、さらに5分後には赤くなります。
※カセットコンロでの火起こしは爆発の危険があるため利用しないでください。

5

赤くなってきた炭を、火箸で火鉢本体に入れる。

使い方は無限大

よくある質問

室内で使用できますか?


ある程度の広さがあり、換気できる室内で使用可能です。
石油ストーブと同様のイメージで、こまめに換気をしてください。
空気の入れ替えをすることで、炭も燃えやすくなり一石二鳥です。




使いこなすのが難しそうで心配…


火鉢は、昔はどの家庭にもあった生活必需品なだけあり意外と簡単です。
五徳を立てるまでの準備が整えば、気軽にお使いいただけます。
また、全体が熱くならず炎も上がらない点では、お子様にも安心です。




必要な道具はどこで買えますか?


ホームセンターのレジャーコーナーなどで一通り揃います。
おすすめの道具などはブログでも発信していきますので、ご参考にご覧ください。
現在、スタートキットやオリジナル商品のご用意も準備中です。事前にお問合せください。




炭はどんなものでも良い?


室内で使用できる炭なら大丈夫です。
備長炭や、黒炭(くぬぎ炭)、おが炭などがあります。
燃えやすさ、燃焼時間、香りが違いますので、お好みの炭を見つけるのも楽しみの一つです。
バーベキュー用の炭は、臭いや煙が出るので使用しないでください。




入れる灰の量を教えてください。


火鉢はしっかりと灰を入れて陶器が高温にならないようにします。
だいたい深さの2/3くらいが目安です。




あると良い道具は?


網、魚串、鉄瓶などがあると調理のバリエーションが広がります。
灰ならしがあれば、灰模様を楽しめます。




上に置く網はどういうものが良いですか?


お持ちの五徳に合うサイズの網であれば、どんなものでも大丈夫です。




屋外へ出したままで大丈夫?雨天の時は?


使用しない時は、蓋やビニールシートなどを被せてください。
大きさの合う板で蓋をすることで、おしゃれなテーブルとしてもご利用いただいています。オリジナルの天板蓋もご用意しています。




持ち運びはできますか?


本体の重さ 約60kg(本体40kg、台座部20kg)に、灰の重さなどが加わります。大人2名で持ち運び可能です。




ベランダで使用できますか。


使用可能です。




炭の処理は?


燃え残りの炭は、灰に埋めれば自然に消火します。
すぐに火を消したい場合は、火消し壷が便利です。
壷の中に炭を入れて蓋をすることで、空気が遮断され消火します。




どんな灰を用意すれば良い?


灰には木材から作られた木灰と、珪藻土から作られたセラミック灰の大きく2種類があります。一般的なのは木灰で、固まりやすく五徳や串を立てるのに適しています。
木灰は燃えるゴミとして処分する他、庭に撒いて植物の肥料にもなります。




火力の調整は?


火箸を使って炭を動かします。中央にまとめたり外側に向けたりすることで、火力を調整できます。回数を重ねるうちに、炭火を熟知した達人になれますよ。





シガラキ創陶社 〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野783-4

0748-69-6777 Email:b.b@zb.ztv.ne.jp